AIKEN BLOG What's New

2007/10/25(木)
17:04:38

市民公開講座に行ってきました。

10月21日(日)、さっぽろ獣医師会主催による市民公開講座『ヨーロッパの家庭における犬の飼い方肉球しつけ方』が札幌市内で行われました。
講師には行動治療やしつけ教室に従事しているアイルランド在住のエリザベス・ウォルッシュさんを迎え、ヨーロッパの人はペットとどのように接しているのか、また日本とヨーロッパのペットとの接し方の違いなどを映像を交え話をしてくださり、当学園の動物看護科の生徒が聴講してきました。
会場は満員御礼!!みなさん興味深くお話を聞いていました。
20071025161818.jpg

ヨーロッパでは生後8週目から仔犬のトレーニング(しつけ)を始めるそうです。もちろん仔犬なのでごく簡単な事から始め、命令した事をたとえ偶然でも出来たら、出来たことに対してご褒美を与えるというもの。仔犬のうちからきちんとしつけをしてあげることによって、問題行動が少なくなるということを言っていました。
人と犬が共に社会生活をおくって行く上で、お互い気持ち良く快適に生活していける様に、しつけは必要でとても大切なものなのですね~。
ただ人の言うことをきかせて服従させる!というのがしつけではないのです。
20071025161916.jpg

途中映像が見られなくなるハプニングもありましたが笑最後に司会の高橋動物病院院長・高橋先生からの面白い質問も飛び出し、和やかなムードで幕を閉じました。
参加した動物看護科の生徒達もきっと何かを吸収して帰ってきてくれたと思います。

みなさんもこういう講座があった時には面白くて為になるので、是非参加してみて下さいね!!

スポンサーサイト